イルルカ種調整の方法

リバースパーティを組むのには不可欠な種調整の方法を自分なりに書いていく。

種調整とは
→あるステータス(今回はすばやさ向け)を極限まで下げる方法のこと。



説明内では種調整をしたいモンスター=A
とする。


Aに野生のファーラットを配合する。
かいぞくの鍵にいるファーラットをスカウトし、Aにひたすら配合していこう。
そうするとLv1の状態のすばやさが下がっていくことが分かる。


仕上げにテリワン産スライムつむりを配合する。
このモンスターが1番すばやさが低いといわれている。
これは入手しづらく、正直やってなくてもそこまで変わらない。のでやらなくてもいいとは思う。
ただこの作業をするとAのすばやさが1桁も夢ではない。


Lv1の状態で冬眠させる。
もうこれで限界だろう、というところまですばやさを下げたら、AがLv1の状態で冬眠をさせる作業に入る。
冬眠はハイミーのメンバーリストから可能だ。


種を与えていく
ここからは非常にきつい作業である。
Aのすばやさ以外の能力を上げるため、ちからのタネやかしこさのタネなど上限値まで能力を上げられるタネ与えていこう。

このタネはWiFiショップに売っているが非常に高価なため、
他国マスターの吟遊詩人を利用するのをオススメする。
因みに宿り木の世界では必ず他国マスターが出現する場所がある。そこでの種集めが1番効率がいいといえる。


ご不明な点がございましたらコメント下さい。

この記事へのコメント